いすゞ自動車フォワード(Fカーゴ)

いすゞ自動車フォワード(Fカーゴ)


Fカーゴの特徴


■いすゞオリジナルの厳選車両

 Fカーゴは中型カーゴに求められる実用的な装備・仕様を追求した
いすゞオリジナルの完成車です。
選択率の高いボディ装備を標準化したことでさまざまな積荷に
対応できる汎用性を確保することが可能になりました。
ドライバンやテールゲート仕様もラインナップし効率的な輸送の
実現をサポートします。


■ウイングボディ

 ウイングボディは中型トラックに求められる多様な輸送に対応する
ためだけの実用性の高い装備を満載したことで幅広い仕事に適応する
ことが可能になりました。
 内部的にも吸入空気量が増大することで燃焼効率を向上させて
PM排出量のより一層の低減効果が期待できます。
 テールゲート仕様は後部からの荷役性を高めてさらなる効率化に。


■ドライバン

 ドライバンはラッシングベルトやラッシングレール2段に加えて
バックアイカメラ・モニターなど今すぐ仕事に使えるという実用的な
装備のみを厳選して車両に満載しました。
 テールゲートリフターや当り板を装備したことでカーゴテナー輸送
などに特に威力を発揮します。



エンジン


■D-CORE

D-CORE(ディーコア)とは、これからの時代のディーゼルエンジンの
中核(core)となるべく、いすゞ独自の技術で自社開発した次世代型の
高効率ディーゼルエンジンシリーズで、エンジンの効率化を図った
ことで排気量あたりのトルクを可能な限り高めるための"高過給化"を
追求した一品。

●4HK1-TC系 総排気量:5193cm^3(cc)
4HK1-TCH
177kW(240PS)/2400rpm(※ネット値)
765N・m(78kg・m)/1600rpm(※ネット値)

●6HK1-TC系 総排気量:7790cm^3(cc)
6HK1-TCS
221kW(300PS)/2400rpm(※ネット値)
960N・m(98kg・m)/1450rpm(※ネット値)


■DPD+尿素SCR

 DPD部でPMを捕集・焼却しつつ尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解。
排出ガスの後処理技術を進化させたことでエンジンの基本性能を高めつつも
大幅な排出ガスのクリーン化を実現しています。

●尿素水
尿素水とは尿素SCRに用いる還元剤として用いられる一般的な物質で
人体には無害・取り扱い資格も不要で安価な物質。
排出ガスと尿素水を化学的に分解・結合させることによって成分中の
PM・NOxを大幅に削減することができる。

●AdBlue
AdBlueは高品位な尿素水でドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標。


■いすゞの燃焼最適化技術

●電子制御クールドEGR
排出ガスの一部を吸入した空気と混合させることで
NOxの低減を図る機能。
2連式のEGRクーラーを搭載することで高いEGR効果を実現。

●電子制御式コモンレールシステム
燃料の超高圧噴射を可能にした機能で、より高圧な燃料噴射と
燃焼圧力・時期・量の最適な制御を可能にする最新のシステムと
組み合さることで燃費性能を極限まで高めている。



スムーサーFX


■操作・機構

 コンピュータ制御によりクラッチ操作を必要とせずシフトレバーを
上下させる操作のみで変速が可能なシステム・スムーサーFX。
これによりスムースで小気味の良いシフトチェンジが可能になったほか
マニュアルトランスミッションで自動変速モードを備えているので
より高次元での操作性も可能になっています。


■ECONO(エコノ)モード

 省燃費運転をするために必要な変速作業をコンピュータが運転状況に
応じて自動で制御する新技術・ECONOモード(省燃費自動変速モード)。
シフトの上部にあるECOスイッチを押すことで自動変速の制御プログラム
ON/OFFが切り替わります。


■その他の機能

●クラッチ
自動変速時も手動変速時もクラッチ操作は一切不要に。
渋滞時・坂道発進時も安全で快適な運転が期待できます。

●ブレーキ力
MT車並みのエンジンブレーキ力が確保されているので長い降坂路や
急な坂道などでもAT車のような頻繁なフットブレーキは不要です。

●クリープ
スムーサーFxはクリープが発生するので、これを利用することで
微妙な調整が必要なプラットホームつけや車庫入れなどの作業を
容易に行うことができます。



4バッグエアサスペンション


■メカニズム

 4バッグエアサスペンションはトラックのエアサスペンション時代に
早くから着手してきたいすゞが開発した中型トラック専用の4バッグ
エアサスペンションで、走行中に荷台に伝わる衝撃や振動などを効果的に
吸収することで荷崩れ・荷傷みなどを大幅に低減することができます。


■積み荷の位置と量

 荷台の振動は一般的に車両重心から遠ざかるほど増幅されるので
荷台前端部が最も振動が少なくて荷台後端部が最も大きいものになります。
4バッグエアサスペンションは積荷の量に合わせて最適なサスペンションの
効果が得られるように制御されていて、荷台全体の振動を低減します。


■車両のピッチング

 ピッチング(ドライバーが前後に揺さぶられる振動)は車両重心から
遠ざかるほど増幅されるので荷台後端と運転席のあるキャブが最も
大きなピッチングを受けます。
 凹凸・段差・うねりのあるような悪路で発生するドライバーへの
不快な振動や衝撃は首や腰の痛みの原因とも言われていますが
4バッグエアサスペンションはこれも効果的に低減しています。



安全性


■アクティブセーフティ

●ABS
ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)は滑りやすい路面を
走行する際などの制動時にタイヤロックをコンピュータで自動的に
制御することで通常よりもより安定感のある車両姿勢をもたらします。
万が一の時の緊急回避でも事故の拡大被害を最小限になるよう妨げます。

●ASR
ASR(アンチ・スリップ・レギュレーター)は滑りやすい路面を
走行する際などの発進・加速時にタイヤ空転を制御することで
よりスムースで安定した発進が可能になっています。

●HSA
HSA(ヒル・スタート・エイド)は坂道発進時における補助装置で
ブレーキを踏みこんで停車した後にブレーキペダルから足を離した
としてもブレーキ力をそのまま保持するという機能です。
坂道発進が簡単になり、渋滞時の運転疲労も軽減する目的があります。


■パッシブセーフティ

●高剛性キャブ
最新のコンピュータ解析技術で構築された高剛性キャブを採用。
フロアパネルを強化することなどで安全性と高めつつも
軽量化との両立を図っています。

●ウエストレインフォース
ウエストレインフォースは前後斜め方向からの衝撃に対する
安全性を向上させるもので、ドア内部に設置された骨格が
万が一の際のドライバーへの被害を最小限に軽減します。

●SRSエアバッグ
運転席と助手席側に装備されたSRSエアバッグは万が一の際に
ドライバーと乗員のダメージ軽減に大きく貢献しています。
プリテンショナー付シートベルト(ロードリミッター付)と
組み合わさることで大幅な安全確保が可能になっています。



スペック(主要諸元)


■いすゞ自動車フォワード(Fカーゴ)

●基本情報
8トンクラス 標準キャブ(フルキャブ)
車型 : FRR90S2-NCYS

●寸法(mm)
・日本フルハーフ架装版 荷台寸法長 : 6,225
荷台寸法幅 : 2,230
荷台寸法高 : 2,400
・日本トレクス架装版 荷台寸法長 : 6,210
荷台寸法幅 : 2,225
荷台寸法高 : 2,420

ホイールベース : 4,860

●重量(㎏)
最大積載量 : 3,000

●性能
エンジン出力 : 154kW(210PS)

サスペンション : リーフサス




PR:中古フォワードはトラックジャパンが高価買取!
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
PR
最新記事
最新コメント
プロフィール

中古トラック整備士

Author:中古トラック整備士
中古トラック・重機の事はトラック辞典!
荷台の寸法や積載量、価格・スペック等の情報を網羅!

カテゴリ
PR
Bookmark
行列ができるトラック相談所

トラック辞典

トラックの税金・免許・お得な高速料金情報!!大型トラック買取情報!!あなたの知りたい情報がここにある!!トラック重機のことなら任せてください!!
大型自動車免許
三菱ふそうキャンター
4tトラックの車両寸法と荷台寸法


高速道路SA・PA情報サイト

saparea

高速道路にあるSA・PAの駐車場 グルメ情報を探すならココがおすすめ


軽トラックの総合情報ページ

軽トラック情報館

軽トラックのことならおまかせ!積載性能もバッチリ解説!


トラック最新ニュース


gootruck

“ぐっと感じる”トラックに関するニュース・豆知識を紹介中!

SA・PAのグルメ、温泉情報


SA・PA グルメ温泉の旅

SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)を巡る高速道路の旅。