CAT アーティキュレートダンプトラック740

CATアーティキュレートダンプトラック01


CAT アーティキュレートダンプトラック740

【時代が求める性能を搭載して新たなる進化を遂げた】

「ACERT テクノロジー」…ハイレベルな環境性能の実現


CATアーティキュレートダンプトラック02
◆粘りが違う、パワーで差がつくCAT C15 ACERTエンジン搭載
ACERTテクノロジー搭載。
信頼性、耐久性そして経済性にさらに磨きをかけた、CATの新世代パワーソース。

※サイクルタイムを短縮するハイパワー
ぬかるみや上がり勾配でも力強いパワーで作業をスピードアップ。

◆エンジンパワーを無駄なく活かす油圧駆動式オンデマンドファン

冷却水音に応じてファンの回転速度を自動的に調節。
燃料の消費を改善し、エンジンパワーをフルに活用できます。

CATパワートレイン…生産性のあくなき追求

CATアーティキュレートダンプトラック04
◆最適スピードを駆る前進7速/後進2速
 電子制御フルオートマチックトランスミッション
 CATダンプトラックで採用されている、ECPC機能付きの電子制御フルオートマチックトランスミッションを搭載。C15エンジンの特性に最適化されたギア比の採用により最高速度を54.7km/hにセット。また、後進速度段を2速とし、使いやすさを一段と向上させました。


◆フルタイム6WDの駆動システム
 すべての車輪を駆動するフルタイム6WD。
 悪路でも傾斜のきつい走路でもエンジンパワーを効率よく地面に伝え、強力な牽引力を引き出します。タイヤは悪路走破性に優れるGY製29.5R25ラジアルを標準装備してます

◆使いやすいオートマチック4段階減速のリターダ(吸気リターダ)
 応答性がよく熱上昇が少ないことから連続使用が可能なエンジンコンプレッションリターダ(吸気リターダ)を標準装備。オートマチック4段階減速機能により、作業状況に見合ったリターダ力を予めセットしておけば任意の制動力が容易に得られます。

◆走路条件に合わせた牽引力が得られるディファレンシャルロックシステム
 すべての車輪を駆動する6WD。そしてスイッチひとつで前・中・後の3車軸全てを直結するクロスアクスルディファレンシャルの組み合わせで、3軸6輪全てのタイヤがデフロック可能。不整地や軟弱地での走破性を高め、効率のよい作業が行えます。

◆積込み製・排土性に優れたベッセル
 幅広設計で積込み性能を向上。エンジンの排出ガスを利用したベッセルヒーティングを大きなダンプ角により抜群の排土性を実現。
パワフルでスピーディなダンピングがサイクルタイムを短縮し、作業効率をさらに高めます。

オペレータステーション…オペレータ環境の向上


CATアーティキュレートダンプトラック03


◆静かで快適、ゆとりのオペレータステーション
 センターマウント式のキャプを搭載。広々とした空間、ワイドな作業視界、様々な快適装備の採用により、ゆとりのオペレータ環境を創造します。もちろんキャプはROPS/FOPS構造で安全性への配慮も行き届いています。


◆不具合レベルに応じた警報
 車両の各機能を常時監視し、万一異常が発生した場合にその程度に応じた4段階の信号をオペレータに警告します

◆快適さと安全をつい牛したステアリングシステム
 ハンドル位置はオペレータの体格に合わせた調節が可能。総会かつ正確な操向が行えるロードセンシング式パワーステアリングと、ステアリングエンド時の衝撃を和らげる油圧式クッション機能を採用し、オペレータの披露を軽減します。また、運転中に万一エンジンが停止してもステアリング操作が可能な、電動式セカンダリステアリングシステムを標準装備しました。

◆誤発信を防止するエンジンニュートラルスタート機構
トランスミッションレバーが中立以外の操行ボジションにある場合や、ホイストレバーが保持以外の位置にある場合、エンジンが指導できない構造です。

◆優れた走り心地と走破性、先進のサスペンションシステム
 フロントには、新型ニューマチックオイルサスペンションを採用。
窒素ガスアキュムレータがショックを効果的に吸収、左右6度のアクスルオシレーション機構を相まって、快適な乗り心地を実現します。また、リアには信頼性の高いバランスビームサスペンションを採用。安定したのりご土地と優れた荷の保持性能を発揮します。

機体構造…高耐久という優れた価値


◆堅牢・強固なフロントフレーム
 フロントには、強固な箱型断面構造フレームを採用。コンピュータ解析を駆使して設計されたワイドで堅牢な構造のフレームです。

◆優れた耐久性を発揮するリアフレーム
定評の高い耐久性を発揮し続けている、箱型断面構造のリアフレーム。
応力の集中を最小限に抑えるデザインによって、長寿命の実現しています。

◆密閉湿式多板ディスクブレーキ
フロントとセンターの各ホイールには、密閉湿式多板ディスクブレーキを装備。
ディスクプレートを常にオイル冷却することで、強力な制動力と共に優れた耐久性・耐摩耗性を発揮。また調節作業が不要で、高い信頼性を確保しています。

◆高強度を誇るHARDOX400ベッセル
 耐摩耗性と高度な耐衝撃性を誇るスウェーデン鋼「HARDOX400」を採用。
追加補強の必要がないほどの優れた強度を実現します。

◆狂気可動での方を抑制する鍛造製大型ヒッチ
 前後のフレーム間のヒッチ部には、ツーピースデザインの鍛造ヒッチチューブを採用。大型でねじれに強く、ペアリング部の程にも優れた高耐久型ヒッチです。

主な仕様(主要諸元)
CATアーティキュレートダンプトラック05

運転質量(kg)・・・・・・・・・・・・・・・・・・33,250
最大積載質量(kg)・・・・・・・・・・・・・・39,500
総質量(kg)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72,750

寸法
全長(mm)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10,890
全幅(mm)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,430
全高(キャブ上端まで)(mm)・・・・3,745
ホイールベース(mm)・・・・・・・・・・・・5,230
トレッド(前後輪とも)(mm)・・・・2,690
最低地上高(mm)・・・・・・・・・・・・・・・・575
荷台長さ(mm)・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,290
荷台幅(外側)(mm)・・・・・・・・・・・・3,420
積込高さ(mm)・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,240
ダンプ時最大高さ(mm)・・・・・・・・・・7,095
ダンプ時荷台後縁最低地上高(mm)695
最大ダンプ角度(度)・・・・・・・・・・・・70
最小旋回半径(車体最外側)(mm)8,600

エンジン
名称・・・・・・・・・・・・・・・・・・CAT JDS-C15ディーゼルエンジン〔ACERT〕
形式・・・・・・・・・・・・・・・・・・4サイクル水冷直列直噴式ターボチャージャ・アフタークーラ付
シリンダ数?内径×行程(mm)・・・6-137×171
総行程容積(リットル)・・・・・・・・15.2
定格出力(kW(PS))・・・・・・・・・・327(445)
定格回転数(min-1(rpm))・・・・1,700(1,700)

ファイナルドライブ
形式・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プラネタリギヤ式
ディファレンシャル形式・・・・・・・・インターアクスルデフ+クロスアクスルデフ

タイヤサイズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・29.5R25ラジアルタイヤ

ブレーキ
サービスブレーキ形式・・・・・・・・・・密閉湿式多板ディスク
駐車ブレーキ形式・・・・・・・・・・・・・・ドライブシャフト制動スプリング作動油圧解放式
リターダブレーキ形式・・・・・・・・・・エンジンコンプレッションリターダ(吸気リターダ)

荷台容量
平積(m3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18.5
山積(m3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24.0
ホイストスピード(上げ/下げ)・・・12/7

容量
燃料タンク(軽油)(リットル)・・532
冷却水(リットル)・・・・・・・・・・・・・・80
クランクケース(リットル)・・・・・・38




PR:リアダンプ買取強化中!
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


中古重機買取情報
トラック買取/総合情報 LINK
中古トラック
中古トラック買取-トラックジャパン
トラックジャパンの買取について

中古トラック買取 -トラックジャパン
中古トラック高価買取

中古トラック・重機販売
中古トラック・重機販売
中古トラック・重機販売
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

中古トラック整備士

Author:中古トラック整備士
中古トラック・重機の事はトラック辞典!
荷台の寸法や積載量、価格・スペック等の情報を網羅!

Bookmark
行列ができるトラック相談所

トラック辞典

トラックの税金・免許・お得な高速料金情報!!大型トラック買取情報!!あなたの知りたい情報がここにある!!トラック重機のことなら任せてください!!
大型自動車免許
三菱ふそうキャンター
4tトラックの車両寸法と荷台寸法


高速道路SA・PA情報サイト

saparea

高速道路にあるSA・PAの駐車場 グルメ情報を探すならココがおすすめ


軽トラックの総合情報ページ

軽トラック情報館

軽トラックのことならおまかせ!積載性能もバッチリ解説!


トラック最新ニュース


gootruck

“ぐっと感じる”トラックに関するニュース・豆知識を紹介中!

SA・PAのグルメ、温泉情報


SA・PA グルメ温泉の旅

SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)を巡る高速道路の旅。