CAT 履帯式ローダ 973D

履帯式ローダ01

CAT 履帯式ローダ 973D

【環境性能と高い生産性、快適な操作性を追求】

◎高出力&クリーンCatC9 ACERTエンジン搭載◎

履帯式ローダ02
Catの新世代電子制御エンジン「ACERT」。最先端のエレクトロニクスを駆使して燃料噴射量を制御することで、排出ガスを最小限に抑えたクリーンで低コスト、そして高い信頼性を実現した最先端エンジンです。

廃棄を吸気に一切戻さずクリーンな空気だけをシリンダ内に供給し、電子制御により最適な量の燃料を最適な条件で噴射して、燃焼させることで排出ガスを飛躍的にクリーンにする最先端技術です。

◎快適な操作空間を提供するCatワールドクラスキャブ◎

履帯式ローダ03
快適性、操作性を高め、生産性を向上する新型ROPS/FOPSキャブを採用。大型着色フロントガラスにより目に優しく広々とした作業視界を実現した、広くゆとりあるスペースを確保しています。また、優れたクッション効果のエアサスペンションシートは、サイドトゥサイドアイソレータを装備し横方向の振動を吸収してオペレータの体を保持します。

コントロールレバーはシートマウント式のため振動を低減し、よりオペレータの体型に合わせた位置調整ができます。キャブの室内な密閉加圧式とし、高弾性キャブマウントの採用や吸音材の多用により振動・騒音を低減。静かで快適なオペレータスペースとしています。


◎電子制御ハイドロスタティックドライブ◎

走行と作業機の不可に対応して自動的に車速をマッチングさせる電子制御ハイドロスタティックドライブを採用しています。独立した左右ドライブトレインにより、急加速、無段変速、パワーターン、車体長内でのピボットターンや自動走行直進が可能。優れた機動性・操作性の良さで生産性向上させます。

◎作業機システム◎

レバーストロークと負荷に応じて流量をコントロール。最適な圧力・流量を常に供給するため、生産性を向上させます。また、パワーロスが少なく大幅に燃費を低減しています。

◎高い耐久性と信頼性を生むCatデザイン◎

履帯式ローダ04
メインフレームとローダタワーは、ねじれや衝撃に対して高い強度を保つため一体型厚板を鍛鋼で強化。応力を広範囲にわたって分散することで、寿命の延長を図っていました。

キャブが30度(最大90度)チルトアップし、パワートレインへのアクセスが容易になり、メンテナンスがしやすくなりました。
◎耐摩耗性が一段とアップセルフタイトニングツース◎

Catの新世代ツースシステム「セルフタイトニングツース」を標準採用。捻りながらの独自の装着方法により、ツースのだッ着を抑え耐摩耗性を向上させています。

◎主な仕様(主要諸元)◎

履帯式ローダ05
[本体質量・寸法]
機種973D
運転質量28,500kg
バケット容量3.2立方m
全長バケット付7,475mm
全長トラクタ単体5,310mm
全幅バケット付2,910mm
全幅トラクタ単体2,710mm
全高(キャブ上端まで)3,510mm
履帯中心距離2,160mm
履板幅/枚数550mm/40枚
接地長2,930mm
接地面積32,200平方cm
最低地上高485mm
[エンジン]
エンジン名称CatC9ディーゼルエンジン
形式4サイクル水冷直列HEUI直噴式
ターボチャージャー・アフタークーラ付
総行程容積8.8L
[装置]
トランスミッション形式電子制御式HST
速度段無段変速
ステアリング形式電子制御油圧作動足動式
ブレーキ形式スプリング作動油圧会方式湿式多板ディスク
燃料タンク621L
クランクケース29L
冷却水44L

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
PR
最新記事
最新コメント
プロフィール

中古トラック整備士

Author:中古トラック整備士
中古トラック・重機の事はトラック辞典!
荷台の寸法や積載量、価格・スペック等の情報を網羅!

カテゴリ
PR
Bookmark
行列ができるトラック相談所

トラック辞典

トラックの税金・免許・お得な高速料金情報!!大型トラック買取情報!!あなたの知りたい情報がここにある!!トラック重機のことなら任せてください!!
大型自動車免許
三菱ふそうキャンター
4tトラックの車両寸法と荷台寸法


高速道路SA・PA情報サイト

saparea

高速道路にあるSA・PAの駐車場 グルメ情報を探すならココがおすすめ


軽トラックの総合情報ページ

軽トラック情報館

軽トラックのことならおまかせ!積載性能もバッチリ解説!


トラック最新ニュース


gootruck

“ぐっと感じる”トラックに関するニュース・豆知識を紹介中!

SA・PAのグルメ、温泉情報


SA・PA グルメ温泉の旅

SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)を巡る高速道路の旅。